ぽっちゃりランナー

初心者の、初心者による、初心者のためのマラソンブログ

英語独学マラソン

【日本語訳】6 Minute English(Hello, hello)

投稿日:2018-03-09 更新日:

TOEIC 900を獲得したぽっちゃりランナーがBBC 6 Minute Englishで英語独学中。
ラフな日本語訳・和訳ですが、ここにUPしていきますので、宜しければご参考までに!

2017年12月 ぽっちゃりランナー

 

旬の英語素材を毎月お届け。1000時間ヒアリングマラソン

 

hello, hello

Hello, hello(おーい、こんにちは)

 

Catherine

HelloCatherineです。

 

Rob

HelloRobです。

 

Catherine

今、わたしたちは、英語で、恐らく一番よく知られている挨拶、そして、英語を学ぶ学生が最初に学ぶ単語の1つ、でスタートしました。つまりhello!今日の6 Minute Englishでは、挨拶の世界と、興味深いhelloの歴史を深く掘り下げていきたいと思います。

 

Rob

驚くことに、helloという単語は考えている程、昔の言葉ではないんだ。でも、helloが最初に英語で印刷されて出てきたのはいつだろう?a) 1890年代 b) 1950年代 c) 1820年代

 

Catherine

英語はとても短期間で変化してきていると思うから、b) 1950年代ね。そして後ほどhello(という単語)には、再度番組内で呼びかけて(to hello)登場してもらいます。

 

Rob

始めは挨拶。とは言うものの、潜在的問題が多い状況だね。予想できない困難が多いテーマだよ。

 

Catherine

多くの場所で、握手やお辞儀が普通である一方で―扱いにくいキスやハグ問題もあるよね。

 

Rob

気まずいね。キスした方がいい?何回?くちびるが頬に触れた方がいい?

 

Catherine

いいえ―絶対エアーキスよ!頬の近くまで、でも触れない。安全よ。

 

Rob

挨拶は元英国外交官のAndy Scottが書いたOne kiss or Two: In Search of the Perfect Greeting.(キスは1回?2回?パーフェクトな挨拶を求めて)というタイトルの本のテーマだよ。彼がBBC radio 番組Word of Mouthで話をしているのを聞こう。なぜ挨拶が重要なのか?

 

Andy Scott, author

他人との交流には最初の瞬間というものがあります。最初の瞬間に挨拶があり、その挨拶という言葉や動作の儀式の利用に於いて混乱に陥るのです。互いを認識し合い、縁を再確認し、時には縁や関係をテストしさえします、必ずしも意識していないかもしれない、という事実にもかかわらず、です。

 

Catherine

Scott曰く、我々は意思を伝え、関係を認める必要があるのです。

 

Rob

その役割を挨拶が担うのです。彼が使うrelationship(関係)connection(繋がり)を意味する単語はbond()。我々は絆を再認識、つまり絆を確かめ、強化する。

 

Catherine

儀式を通じてそれ―特定の目的の為に行う行動様式を行う。そしてhellogood afternoonnice to meet youの様なフレーズがあり、また身体を使った儀式―握手、お辞儀、キス、がある。

 

Rob

Scottは絆をテストする事もある、と言っているけどね。いつもより温かい挨拶―握手の代わりに抱擁する、の様に―をこちらから行う事によって、友情の成長を確かめたいと思う事があるかもしれません。Scottは挨拶がいかに難しくなり得るか―英国のスラングto get in a muddle(混乱に陥る)を使って―を認めています。Get in a muddle(混乱に陥る)というのは、うろたえて(confused)、戸惑って(lost)、の意味。2回のキスだと思っていて、相手が1回のキスだと思っていたら混乱する(to get in a muddle)かもしれない。

 

Catherine

しかしScott 曰く、些細なことは重要ではありません、挨拶の重要な目的のもう一つは緊張を和らげる事にあるからです。誤解が生じたら、笑い飛ばしてしまえばいいのです。

 

Rob

使って、混乱に陥ってはいけない言葉、helloに戻ろう。

 

Catherine

Dr. Laura Wright, a linguist(言語学者) from Cambridge Universityの話を聞きましょう、彼女もBBC Word of Mouth というラジオ番組で話しています。Helloはどこから来たのか?

 

Dr. Laura Wright, Linguist and BBC presenter

Helloは最初、遠くから呼びかける時に使われていました。遠く離れた場所にいて、叫ぶ必要がありました。電話の発明まで挨拶の言葉としてhelloを使っていませんでした、そしてその時でさえ、最初は挨拶の言葉としては使用されていなかったのです、より注目を集める為の手段として使われていたのです。何マイルも離れた場所で、電話は切れそうになっていて、交換手の注意も引く必要がある。そこで、皆helloと叫ぶのです、離れた場所からの呼びかけフォームとして。

 

Catherine

彼女曰く、helloは必ずしもこんにちはのhelloではない―元々helloは誰かの注意を引くための叫びだったのです。この叫びをhailing(呼びかけ)と言います。

 

Rob

叫びには形式に違いがありました―hollohulloaとか。

 

Catherine

電話が最初に使われ始めた時、この呼びかけを使い続けました。電話が繋がるのを待つ間hello, helloを繰り返し続けました。やがてhelloは電話での会話に於いて実際に相手に挨拶する方法になりました。では、helloというテーマを終える前に今日のクイズの答えを見てみましょう(※①)

 

Rob

訊いたのは、いつ、helloが英語で印刷され始めたでしょうか?Oxford English Dictionaryによると、1826年です。他の綴りのものはそれ以前のものもありました。

 

Catherine

英語はとても早く変化していると思っていたけど、そこまで早くはなかったか。

 

Rob

そこまではね。

 

Catherine

番組を終える前に、今日の語彙を見直しましょう。Minefield(地雷原/潜在的問題が多い状況)は不確実性や危険性を含む何か。これは、文字通りの意味から来ています―爆発する地雷で一杯の領域!

 

Rob

次は、air-kiss―実際には触れずに人の顔の横、直接顔ではなく、に音だけでキスをする!チュッ。

 

Catherine

次は絆―繋がり。僕達の間には緊密な絆があります。

 

Rob

良いね、僕が混乱に陥った時(to get in a muddle)、君はいつも理解力があるからね。

 

Catherine

その通り。

 

Rob

To get in a muddle(混乱に陥る)は、confused(うろたえた)という意味。

 

Catherine

次はritual(儀式)です―ritualはある状況に於いて人々が行う、ある振舞い。私にはmorning ritual(朝の儀式)があります:歯を磨き、朝食を摂り…面白い儀式ではないけどね!

 

Rob

そうだね。最後にto hail(呼びかける)―大声で誰かに挨拶をする、特に遠くから。空港で彼女を見た時、私は大声で呼びかけた(hailed)

 

Catherine

今日の番組はこれでおしまい。あとはFacebookTwitterInstagramYou Tubeをみてね、勿論番組のホームページもね!さようなら!

 

Rob

さようなら!

【引越しラクっとNAVI】

 

※①hellogoodbyeが反対の意味であること、も含んでいると思います。”hello”(というテーマ)”goodbye”を言う(終わらせる)前に。

 

memo

greeting 挨拶

fascinating 興味深い

in print 印刷されて

minefield 地雷原/潜在的問題が多い状況

awkward 気まずくさせる

diplomat 外交官

in search for ~ ~を探し求めて

interaction 交流

ritual 儀式

get in a muddle 混乱に陥る

reaffirm 再確認する

signal one’s intention 意向を示す

despite にもかかわらず

reduce tension 緊張を和らげる

get something wrong 誤解する

it’s not until that  ~の時点までにthat以下は生じない

attention-grabbing 注目度の高い

vary in form 形に違いがある

explosive 爆発性の

close bond 緊密な関係

from a distance 遠くから

最後までお読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

この記事がお役にたったら、応援よろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキング

ありがとうございます。

全国商工会連合会の公式お取寄せサイト【ニッポンセレクト】

-英語独学マラソン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【日本語訳】6 Minute English(Should schoolchildren have jobs?)

TOEIC 900を獲得したぽっちゃりランナーがBBC 6 Minute Englishで英語独学中。 ラフな日本語訳・和訳ですが、ここにUPしていきますので、宜しければご参考までに!   2017年 …

【日本語訳】6 Minute English(The perfect Santa)

TOEIC 900を獲得したぽっちゃりランナーがBBC 6 Minute Englishで英語独学中。 ラフな日本語訳・和訳ですが、ここにUPしていきますので、宜しければご参考までに!   2017年 …

no image

【英語独学中】6 Minute English(Pedestrianisation-is it good for cities and towns)

BBCの6 Minute Englishで英語独学中です。 参考程度でどなたかのお役に立てれば、と思い自分用の中途半端な日本語訳を投稿します。 かなりアバウトな訳です(訳とは言えないかもしれません)。 …

ビットコイン bitcoin

【日本語訳】6 Minute English(Bitcoin:digital crypto-currency)

TOEIC 900を獲得したぽっちゃりランナーがBBC 6 Minute Englishで英語独学中。 ラフな日本語訳・和訳ですが、ここにUPしていきますので、宜しければご参考までに!   2017年 …

drone

【日本語訳】6 Minute English(The rise of drones)

TOEIC 900を獲得したぽっちゃりランナーがBBC 6 Minute Englishで英語独学中。 ラフな日本語訳・和訳ですが、ここにUPしていきますので、宜しければご参考までに! 2017年12 …